賃貸物件の更新は2年に1回あります。更新料などの費用を出さなくてはならないことと契約書の取り交わしが必要です。

群馬県の間取りの広い賃貸マンション
群馬県の間取りの広い賃貸マンション

賃貸物件を更新する時

賃貸の契約には一般的に2年毎に更新があります。更新の時期が近づくと不動産会社や貸主から更新のお知らせというものが届きます。一人暮らしだとあまり郵便物を確認する癖のない人もいますので、大事な書類が届いたら速やかに開封し手続きを取らなければなりませんので注意しましょう。契約の更新手続きは更新よりも前に行わなくてはなりません。更新契約の取り交わし、更新料の支払いなどがあり保証会社に加入している場合の更新料などもあるケースがあります。

更新のお知らせに関しては、景気が良い場合など家賃を上げる予定がありますという貸主からの打診があるケースがあります。景気が良くても自分の給料が上がっておらず家賃が上がるのは大変だという場合には、更新をしたいけれど家賃を上げるのを考え直してほしいと貸主側に返答することもできます。この場合、例えば3,000円の値上げを言ってきた貸主が再度、2,000円の値上げではどうかなどと言ってくる場合もあるので良く検討しましょう。

その際に交渉するのも良いですが、古くて省エネではないエアコンが耐用年数を過ぎているので交換してくれたら値上げを承諾しますとか、給湯器の調子が悪いので見てほしいなどという要望をだすこともできますので遠慮しないで話してみるのも良いでしょう。更新料も1ヶ月分という多額な金額を支払うのですから、快適な部屋にしてもらえるように貸主にお願いしてみるのも有効な手段です。

おすすめ情報