賃貸物件を退去する際に敷金の清算があります。預けておいた敷金から何を引かれるのかについて。

群馬県の間取りの広い賃貸マンション
群馬県の間取りの広い賃貸マンション

賃貸の敷金精算について

賃貸物件を退去する際に、預けておいた敷金はどのように精算されるのか良く知っている人は多くないと思います。良く分からなく調べたい人はまず、契約した際の契約書類を確認してみることが大切です。東京都では賃貸紛争防止条例に基づく説明書というものがあると思います。これは敷金の紛争が起こらないように契約に先立ち、汚損や破損などについてどこまでが貸主負担か、どこからが借主負担かを詳細に記載された書類になっています。契約の際には説明を受けましたということで署名、捺印をしているはずです。

重要事項説明書や契約書、都内であれば賃貸紛争防止条例に基づく説明書を確認すればどの範囲で自分が費用を負担するのかが分かってきます。特約事項などにも追記されていることも多いので良く読むことが大切です。一般的には自然消耗の範囲をリフォームする際の費用は貸主負担、自然消耗以外の故意過失で借主が汚してしまって掃除しても落ちないものや破損などは借主の費用負担になるケースが多いです。特約事項にルームクリーニングは借主の費用負担と記載されているものもあり、退去した際に専門業者によるクリーニング費用は敷金から差し引かれることになります。

最近、敷金のない物件や、少ない物件が数多くあります。その場合、敷金より修繕の費用が上回った場合には退去後1ヶ月以内にその費用を補てんすることと契約書に記載されていることがほとんどです。思いがけない費用を請求されることのないように、室内は十分気を付けてきれいに使用するなり、お金を取っておくなど対処方法が必要になってきます。