賃貸マンションと分譲マンション、一体どちらが生涯的に考えてお得になるのか、様々な面から考えてみます。

群馬県の間取りの広い賃貸マンション
群馬県の間取りの広い賃貸マンション

生涯的に見て賃貸はお得なのか

賃貸マンションか、分譲マンションか、どちらが良いのか悩む人は多いです。どちらにもメリット・デメリットがあり、またそれぞれの事情によっても判断のポイントが変わるので本当に良く考えないと分かりません。だいたい、このように悩むのは、結婚や子供が生まれ手狭になったことで、今住んでいる所から変わるというパターンが多いです。そして、ずっと賃貸マンションに住み、家賃を払い続けるのなら、分譲マンションをローンを組んで購入しようか、と考える流れが一般的です。では、一般的に見て、賃貸マンションと、分譲マンションで生涯支払う額にどのくらいの差がでるのか、統計が出ています。金額的な面から見ると、生涯支払う金額は、分譲マンションを購入するほうが多くなります。「毎月賃貸マンションに住む金額と同じくらいの支払額でマンションが買える」というのが謳い文句でありますが、毎月の支払額は同じでも、マンションを購入すると、毎月の支払い以外にも様々な資金が必要となることを忘れてはいけません。マンションは資産となる、と考えられていますが、いつか老朽化します。構造物は手入れをし管理をし改修をしっかりしていないと、資産とは言えません。その為、修繕費の積立があります。また、賃貸では物件内の修理は大家の支払となりますが、分譲マンションではもちろん自分達で支払しなくてはいけません。

このように、お金の面でも分譲マンションはずっと先まで管理資金がいります。また、もし人生の大きな転機を迎えたときに、身軽に動けるのは賃貸に住んでいる方です。自分の城という所有物があるのは幸せな反面、自由な行動は出来なくなる覚悟が必要なのです。人それぞれ、自分の人生にとってどちらがベストなのか違いますので、後悔のないよう慎重に判断したいものです。

おすすめ情報