賃貸物件の下見は一人で行くよりも、友人や家族などにお願いして、2人以上で行くとよいでしょう。

群馬県の間取りの広い賃貸マンション
群馬県の間取りの広い賃貸マンション

賃貸物件の下見には2人以上で出かける

いくつかの気に入った賃貸物件を絞って、下見へと出かけます。一人で出かけて、不動産屋の営業マンに説明を受ける、一人暮らしの住まいさがしに多いパターンではあります。もちろん自分の住まいですから、一人で下見をして決定するのは間違いではないです。頼めるのであれば、家族や友人を誘って、賃貸物件の下見は、2人以上でするのがおススメです。一人下見ではなく、複数下見にした方がよい理由は、一人では見落としがちな部分も、2人以上の目でチェックすれば、一人では気が付けないことも、賃貸契約前に知ることができるためです。

賃貸住まいをすると気になることの多い、ドアの開け閉めなどの音の確認も、二人入ればできます。友人や家族に部屋の中にいてもらい、外から中の人がどれだけ見えるのか、動きまで見えてしまうのが、シミュレーションしてみることもできます。一緒に下見に出かけた友人や家族に、いろいろと意見ももらうことだってできるのです。同伴の下見の時には、下見のチェックは多少図々しいくらいに確認してよいでしょう。下見には、不動産屋の営業などが同伴しますから、例えこちらがお客の立場だとしても、大騒ぎをしたり、非常識となる行動は控えます。下見は複数人で出かけて、冷静に下見チェックを行うといいでしょう。

おすすめ情報