賃貸住宅ではしばしば騒音がトラブルの火種となります。しかしアパートとマンションではずいぶん違います。

群馬県の間取りの広い賃貸マンション
群馬県の間取りの広い賃貸マンション

賃貸住宅の騒音問題について

賃貸生活というのは、同じ建物内に複数の人が住むことになるわけですから、一軒家とはその生活スタイルがかなり違ってきます。とりわけ木造建築の多いアパートにあっては、騒音問題については考慮をして住まなければならないでしょう。

木造建築である場合、家でたてる音が非常に隣家に伝わりやすい構造をしているのです。したがって、ふつうにしゃべっているだけでも会話の内容が隣の住人に聞こえていることもあり、それが隣人トラブルの火種になることもあるので気を付けなければなりません。また一階に住んでいたりすると、階上の住人の足音がまた騒音として問題になりやすいです。二階や三階に住んでいる場合は、なるべく静かに歩くと言ったような心がけが必要になってくるでしょう。したがって、賃貸住宅というのは2階や3階の部屋が人気となるのです。また角部屋も人気が集まりやすい傾向にありますが、それはこうした騒音問題が原因なのです。これに対して、賃貸マンションの場合は、鉄筋コンクリート造りである場合が多いため、防音設備が施されており、したがってあまり騒音というのを気にすることなく過ごすことができます。したがってその分、人気も高く、家賃も割高になる傾向があるのです。

おすすめ情報